TEL
03-5289-3421
製品・サービス情報

廃棄物コンプラ診断

求められる廃棄物処理法の改正や各自治体の条例への対応
各拠点で遵法管理ができているか、現状の法令違反リスクを見える化する。

すべての拠点の詳細な管理統制は難しく、現場任せになってしまっていることも。。。
法令に準拠した管理体制の構築のために、先ず現状を知ることが大切です。

廃棄物の適正管理において特に注意すべきポイントを診断

  • ポイント 1処理委託契約書
    法定記載事項の確認や、期日管理、許可証との整合性チェックが必要です。
  • ポイント 2委託先業許可証
    正当性の確認や、更新内容、有効期限など継続チェックが必要です。
  • ポイント 3マニフェスト
    種類・運搬先ごとに交付。法定記載事項の確認や、期日管理、許可証・契約書との整合性チェックが必要です。

3大要素「処理委託契約書、委託先業許可証、マニフェスト」を中心に
法令・条例違反リスクを診断します。

リスク状況をレポートにまとめて見える化

リスク状況をレポート

“どこに”“どんな”リスクがあるのか、詳細が明らかになります。

現状診断サービスがもたらす効果

不備・抜け漏れや書類間不整合等、リアルな管理の実態を把握できる

煩雑な業務に追われる廃棄物管理担当者が、現場の1書類まで詳細にチェックしたり、各書類間の整合性をチェックすることは現実的ではありません。
業界専門企業ならではの要点を押さえたチェックにより、管理の実態を的確に把握できます。

実態の把握により最適な改善策が立案できる

実態把握により浮き彫りになった課題に対し、法令に則った運用方法の検討が可能です。
全社レベルでの管理運営体制の見直しや、全社統一ルールの構築による現場担当者の判断負荷軽減など、業務効率化、リスク削減の実現にもつながります。

診断を支える
JEMS独自の廃棄物コンプライアンスガイドライン

蓄積されたJEMSデータベースから、
現実に即した適正な運用基準を確立しています。

  • 診断結果に合わせて、最適な改善策のご提案も可能です。お気軽にご相談ください。

PAGE TOP