TEL
03-5289-3421
製品・サービス情報

廃棄物画像管理システム『EviCam(エビカム)』

排出事業者が自ら廃棄物の適正管理を実現するために
不適正処理を抑止する廃棄物トレーサビリティ

全ての廃棄物の収集運搬~処分の過程を、画像データによって確認・管理するサービス
食品廃棄物の横流し事件で問題となった排出事業者の処理状況確認を支援する新提案

廃棄物処理業者と排出事業者が協力して実現する処理状況管理

各過程で撮影された廃棄物画像
排出事業者はオフィスに居ながら、処理状況をチェックできます。

EviCamでできること

運搬・処分における廃棄物の状況を画像で見える化

現地立ちあいに代わり、オフィスでマニフェスト情報に紐付いた廃棄物処理の状況把握ができます。

撮影・登録・確認がカンタン。無理なく導入&運用

処理業者がスマホで写真(証拠)を撮影・登録。排出事業者は終了報告に付加された画像を確認。負担の少ない運用です。

日付・位置情報も合わせてチェック。強まる適正管理

写真の撮影日と撮影場所をシステム上でチェック。クロスチェックにより適正管理を強化します。

システムイメージ

写真撮影&登録イメージ(収集運搬・処分業者)

  • マニ番号入力
    該当データ抽出
  • 区間選択
    (ID制限により報告可能な区間のみ選択可能)
  • 写真撮影
  • 登録完了
    (撮影日&場所記録)

処理状況確認イメージ(排出事業者)

  • マニ照会画面から該当データ抽出
  • マニ情報に紐付く画像一覧
    1区間当り4枚の画像を確認可能
  • 画像をチェック。
    さらに、撮影した日時および位置情報を
    地図上でチェック

電子マニフェストに画像情報を付加する仕組み
今まで欠けていた”処理の証拠”を合わせて記録・管理ができます。

  • EviCamのご利用には、環境総合管理システム『GENESYS-ECO』の利用が必要です。

GENESYS-ECO

PAGE TOP