TEL
03-5289-3421
製品・サービス情報

フロン管理(フロン排出抑制法 対応)

「フロン排出抑制法」に対応するための煩雑な業務は
システム管理で ”もれなく” ”カンタン”に。

行政報告時期に苦労しないためのフロン管理システム『GENESYS-ECO フロン管理』

管理者※が求められる業務

  • ①点検
    3ヶ月に一回の簡易点検と、年一回の定期点検が義務化
    簡易点検
    全ての第一種特定製品が対象
    定期点検
    7.5kW以上の製品が対象
  • ②記録
    製品ごとの点検や整備、冷媒の充填・回収などの履歴を記録・保存

  • ③報告
    1年間にフロン類をCO2換算値で1,000t-CO2以上漏えいした場合は、所定の書式で行政へ報告
  • ④行程管理
    廃棄時の確実なフロン類の処理の確認


フロン排出抑制法の義務に違反した場合、罰則が科せられます。

※管理者とは…フロン類が充填された業務用冷凍空調機器(第一種特定製品)のユーザー
(業務用空調機器・ターボ冷凍機・冷凍冷蔵ショーケース・自動販売機・業務用冷蔵庫など)

管理上の課題

  • 簡易点検、定期点検を
    もれなく実施したい。

  • 算定漏えい量の行政への報告を
    効率よく取りまとめたい。

  • 多すぎて把握しきれていない機器を全て管理できるようにしたい。

全て解決するワンストップソリューション

それが・・・フロン排出抑制法対応「GENESYS-ECO フロン管理」です。

  • 簡易点検・定期点検時期を
    アラート機能でお知らせ
    対応漏れ防止
  • 登録情報を基に
    算定漏えい量を算出
    行政報告作業を短縮
  • 行程管理票などの各種重要書類を
    クラウド管理
    情報管理の質向上

『GENESYS-ECO フロン管理』全体像

『GENESYS-ECO フロン管理』でできること

  • 設備点検管理
    対象機器を設備登録して、点検時期をメールで告知。画面や帳票出力で点検未実施も一覧表示。配管図や写真も登録可能で、機器特定がカンタン。
  • ログブックの作成・保存
    システム上で機器情報や点検・整備結果、各種証明書などのあらゆる情報を作成・保存。保存期間も十分確保。
  • 行政報告
    充填証明書と回収証明書データに基づき、算定漏えい量を自動算出。年一回の行政報告用データをカンタン出力。
  • 行程管理
    行程管理票をクラウド管理。E票回収期限切れが近い場合にはアラートメール送信、期限管理が可能。

Excel管理との違い

エクセルで管理すると、こんな問題が生じているようです。

『GENESYS-ECO フロン管理』はこれらの問題を解決します。
さらに、業務時間も削減できます。

仮に500系統保有している場合の想定年間所要時間(h)を比較

実施項目 Excel 管理 GENESYS-ECO管理
①系統の新規登録(都度実施)
諸元表を入手→系統管理簿を記入
41.7 29.2
②簡易点検期限を管理する(3ケ月に一度)
期限切れ(間近)の系統を把握→通知→点検管理簿更新
116.7 16.7
③定期点検期限を管理する
期限切れ(間近)の系統を把握→通知→点検管理簿更新
29.2 4.2
④簡易点検を実施する(3ケ月に一度)
点検表を準備→点検実施→点検結果を台帳登録→確認
150.0 100.0
⑤定期点検を実施する
点検表を準備→点検実施→点検結果を台帳登録→確認
33.3 25.0
⑥管理業務
点検期限切れのリストを作成(月一回)、月当たり漏えい量集計(月一回)
20.0 0.4
合計(h) 390.9 175.5

※あくまで弊社調べによる想定です。

約55%削減

『GENESYS-ECO フロン管理』は、フロン排出抑制法への対応にかかる
業務時間と業務の煩雑さを削減します。

よくあるシステム導入の課題も解決

機器情報の登録からフロン管理業務の一括代行、カスタマイズ要望への対応も可能。
企業の状況に合わせて最適な業務推進が実現できます。

  • ご要望に合わせてカスタマイズ

    行政やメーカーではない、環境専門のシステム会社だからこそ、貴社のご要望に合わせて、柔軟に仕様を変更することが可能です。

  • アウトソーシング

    人員・知識不足といった課題には、システム導入から運用全般まで、お客様のニーズに合わせた業務代行が可能です。

PAGE TOP