TEL
03-5289-3421
製品・サービス情報

廃棄物一元管理サービス for 多店舗経営企業

排出事業者が自ら廃棄物の適正管理を実現するために
全ての店舗の実態把握と統一ルールによる運用体制を構築する

産廃?一般廃?複雑な管理が広域多店舗で求められる多店舗経営企業が、
「排出事業者責任」に向き合える新しいサービス

多店舗経営企業でよくある廃棄物管理の状況

タイプA(自社のみで対応している場合)


経営者
○○社で廃棄物処理法違反が発覚したが、わが社のコンプライアンスが大丈夫か不安だ。

担当者
全店舗の状況を把握できず現場任せになっている。廃棄物処理法の改訂や各自治体条例を網羅するのは困難だ。

店長
マニフェストって何?委託契約書には何を書けばよいのか。処理業者の許可内容を確認する方法は?・・・負担が大きすぎる。

タイプB(外部企業へ管理委託している場合)


経営者
○○社で廃棄物処理法違反が発覚したが、わが社のコンプライアンスが大丈夫か不安だ。

担当者
専門企業へ全て管理を委託しているから実態は知らない。自ら管理したくても何から手をつけていいのかわからない。

店長
廃棄物の管理はよくわからないが、業者の言うとおりにしていれば大丈夫だろう。

「自らの責任で」廃棄物の適正管理を行うことは容易ではありません。

JEMSが提供するのは”自ら廃棄物管理を行うため”の仕組み

①自社内対応型(従来型)
全ての管理を適正に行うことは、現実的ではありません。
②外部管理委託型(従来型)
管理の実態を把握できていない状況は
もしもの時の大きな企業リスクです。
③JEMS型(新型)

実態把握が容易で、コストや処理の適正化等、自ら最適化を行う体制が構築できます。

現状課題の把握からはじまる廃棄物管理の最適化

全社・グループ全体を統一システム管理で標準化・可視化

廃棄物管理システム(ASPサービス)を導入し、業務を標準化。さらに、情報を同じ基準で集約し、潜在的な企業リスク・問題を見える化します

管理センターによる事務業務の代行で効率化・適正化

業界特化の専門部隊が、契約書・許可証・マニフェストなど、ニーズに合わせて効率的且つ適正に管理事務業務を代行します

一元・経年管理で得た蓄積データの検証による最適化

長期的な情報・データ集約による充実したアウトプットが、業務効率や処理コストなどの最適化を促します

導入によりこう変わる

  • 管理者は全ての情報をシステムでチェック。欲しい指標も簡単集計
  • 契約書・許可証の更新業務が不要に。最も煩雑な業務が”確認のみ”です
  • 年一回の行政報告が不要に。集計に追われることがなくなります
  • 各店舗での作業がカンタンに。誰でもできる全店舗統一業務へ

廃棄物に関わる管理業務が効率化されます。
しかも、コンプライアンスの徹底に繋がります。

”今までに無い”システムと人の一体型サポート

全店舗・拠点の廃棄物関連情報を管理センターが集約し、
管理システムで一元管理・共有します。

5つの廃棄物管理業務がワンストップで実現

排出事業者が行う廃棄物管理の基盤が整います。

まずはご相談を

多店舗経営企業における廃棄物管理には特有の難しさがあります

  • 各店舗で異なる自治体や処理業者への個別対応
  • 全社の情報集約による行政報告と経営指標の集計
  • 専門的な廃棄物処理知識の現場教育

これらの複雑な管理が求められる状況において、管理担当者が少人数あるいは兼任で対応するのは至難の業です。
「廃棄物一元管理サービス for 多店舗経営企業」は管理担当者と各店舗の業務を簡素化し、
且つ廃棄物コンプライアンスの実現を支援します

全店舗の実態把握から始まる遵法管理実現を通して、排出事業者責任を遂行するステージへ

PAGE TOP